【地域詳細記事】逗子・葉山・鎌倉・横須賀の暮らしは住和不動産

NEWS & RELEASEニュース&リリース

地域2019.05.19NEW

3.11 ALL=逗子 Movement.Vol.8

3.11 ALL=逗子 Movement.Vol.8
『共に生きる』Share the Moment☆.

日時:2019年3月11日(月)午前10時~午後5時
場所:逗子駅 マクドナルド前+東逗子 ヨークマート前

東日本大震災の被災地・被災者の復興支援事業として、献花鎮魂ブースを設営し

犠牲者のお御霊のご供養と、被災地の再生のために協働する。
 
★東逗子鎮魂ブースでは、小坪わかめ汁(さざえ入)をお振るまわていただきます。
※数量限定

☆Am10:00 スタートです。青空が見えて参りました。。。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
★TOPIX
5月12日(日) 母の日に陸前高田でシンボルロード『ハナミズキのみち』完成記念碑建立
除幕式と記念式典が挙行され、桐ケ谷逗子市長を筆頭に山上観光協会会長、丸山逗子商
店街連合会会長、齊藤3.11AZM08事務局長で参加して参りました。
式典会場のホールには、つなぐっぺしが製作したハナミズキ横断幕が掲示され、会場を
爽やかに彩る効果を創出していました☆。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

2019 311復興支援 この想い ~あなたのもとへ~

 

3.11 ALL=逗子 Movement. Vol.8

                                   代 表 近 藤 和 善

                                       所属:逗子市中央商店街連合会  

 

あれからもう8年、まだ8年。。。

過日 陸前高田についてお話を伺う機会がありました。現地はかさ上げ工事がほぼ完了し、中心市街地に道の駅/ショッピングセンターが開設されたものの、原風景の再演とはならず、ナショナルチェーンが建ち並び街の顔も様変わりしてしまったようです。

しかし、既存商店街を形成していた個人商店の方々は、顧客の高齢化と減少や後継者の不在などで2/3が廃業になってしまったようです。そして、仮設住宅から終の棲家となる復興公営住宅も完成し転居が進んでいますが、新たなコミュニティに馴染めず、日常生活の変化が受け入れない生活者が、相当増えてしまっているそうです。

 

岩手の湘南/陸前高田市には風光明媚だった高田松原の名所に国営の追悼・祈念施設の復興祈念公園が2019年夏には開所されます。ここは3000人収容の施設となり、おそらく原爆ドームのようなものとなるだろうと言われています。その施設から高台に避難する通路として「2kmのシンボルロード」が、512日に「ハナミズキのみち」となり開設セレモニーが行われ、いよいよハナミズキ植樹活動が始まります。

 

私たちはその運動を、地勢が酷似する逗子からも応援していこうと考えています。そして、植樹の時には、逗子からも植え込みや個々の交流に出かけたいと思います。

これからの被災地への支援は、これまでの支援と形態は変わり、箱ものや支援金だけではなく、現地を訪ねる宿泊や買い物を通して、現地の方々の生活や日常にふれる民際交流が一番の心つながる応援と思います。

 

《今後の活動は》

   ハナミズキのみちの植樹支援活動

   現地を訪れ交流人口をふやしつなぐお手伝い

 

 

〒249-0005
神奈川県逗子市桜山4-6-1 FAX 046-872-3377